HiÐΞClassic

NFTコレクションをどう売っていくべきか #1「需要を見極める」

パジ×かねりん 共著
a year ago
シリーズ需要を見定めることが重要な理由全体価値の最適化ポイント在庫数の決め方需要を適切に見定める方法ナーチャリング

「NFTコレクションをどう売っていくべきか」についての考察を述べます。
全3回にわけて解説します。

今回の記事で考察したいのは、コレクションの全体の価値を決める「需要」と「供給」についてです。
そのNFTコレクションに対して「需要の大きさを見定めて適切な供給をする」ことがとても大切になります。
その理由から、順番に説明します。

シリーズ

NFTコレクションをどう売っていくべきか #1「需要を見極める」
NFTコレクションをどう売っていくべきか #2「価格設定戦略」
NFTコレクションをどう売っていくべきか #3「時間経過を味方につける」

需要を見定めることが重要な理由

簡単な経済のおさらいです。
需要に対して供給が多いと、価格は下がっていきます。
需要に対して供給が少ないと、価格は上がっていきます。

価格は、それぞれのNFTコレクションで決まってきます。
ここに「とあるNFTコレクション100個」があるとします。
1個0.01ETHで売れるなら、100個集まって合計1ETHです。
この1ETHという価格が、このNFTコレクションの「全体価値」になります。

NFTコレクションを売るときに意識したいのは、この「全体価値」をどのようにして大きくしていくか、です。
株式市場における会社の時価総額に近い概念です。
数値化したNFTコレクションのブランド力ともいえ、そのNFTコレクションが持つ社会的影響度を示すものです。
(Apple社やテスラ社は分かりやすいですね)

全体価値が、1ETHのNFTコレクションがあったとします。
作品の種類が、100個ではなく10個だったら?
全体価値は1ETHのままで、NFT1個の価格は0.01ETHでなく、0.1ETHに上がります。

また、10個となるとかなり少ないので、購入者の熱量や可処分所得によっては、
「平均0.2ETHとなって10個で全体価値が2ETHになる」
ということもあり得ます。

全体価値の最適化ポイント

現実には、全体価値の総額は、NFTコレクションを購入する人の属性に左右されます。
ですので、数や種類が少なければ有利というほど単純ではありません。
ですが一般論として、NFTコレクションは売り手に有利なオークションやオファー形式で買い手に競争が発生するので、数や種類を絞るほうが、全体価値が高まりやすい傾向はあります。

この全体価値の最適化ポイントを探る”旅”は、興味深いものです。
どうしても欲しいという「熱量」が高く、かつ「可処分所得」も高い属性の購入者が多い場合、数や種類を絞るほどに、全体価値が高まりやすくなります。
そのため、特に初期の頃は、数や種類を絞って徐々に始めるのがオススメといえます。

一方、所得がまだ少ない若年層をターゲットにする場合を考えます。
ファンの人数や熱量がどれほど高くても、ファンアイテムとしての金額設定を行うために、あえて数や種類を多めに持たせることで、低単価で触れやすいNFTコレクションにすることができます。
(例えば、小学生に5万円のアイテムを売れるかという視点です。)

いずれにしても、「需要」が高まり、NFTコレクションの全体価値(=ブランド力)が高まっていけば、NFTは柔軟に「供給」をコントロールできるようになります。
そうなれば、そのNFTコレクションが描きたいコンセプトに沿ったストーリー設計ができるようになります。

在庫数の決め方

NFTは「デジタルデータに在庫を定義できる」技術です。
一枚の絵を、NFT1個にしようが、1万個にしようが、コストを掛けることなく気楽に設定できてしまいます。
これは、リアルの物理商品ではできなかったことです。

物理商品の場合、業者や工場に依頼をかけると、先方もビジネスで行っているので、発注できる最低数量(=MOQと呼ばれます)から、ロット単位での発注になることがほとんどです。
1個ずつ作れるものもありますが、ボリューム・ディスカウントが効かずコストは高くなります。

物理商品の場合は、1個つくるのと、100個つくるのは、思いつきで決められるような話ではありません。
ちゃんと事前に、どれくらい売れそうかを綿密にシミュレーションした上で、発注数を決めるのです。
製造数が多ければ、倉庫の保管費用も考えておく必要も生じます。

NFTの場合、在庫を増やすことも容易で、その後の保管もスペースを取ったり、サーバーコストを払うことも(ほぼ)ありません。
だからどうしても、「需要」をポジティブに見積もってしまうと、「供給」を多めに設定しがちです。
これが企業から個人までけっこう発生しています。

需要を適切に見定める方法

「需要」の見定めをするときに、購入候補者のNFT購入にいたるエンゲージ(ざっくりいえば「好きの度合い」)という概念を考えると、的確になってきます。

まずは、わかりやすくTwitterの場合で考えてみます。

【エンゲージ低い】
 ↓①フォローしていないし投稿見ていない
 ↓②フォローしているが投稿見ていない
 ↓③フォローしていないが投稿見ている
 ↓④フォローしていて投稿たまに見ている
 ↓⑤フォローしていて投稿ほぼ見ている
 ↓⑥投稿ほぼ見ているが「いいね」しない
 ↓⑦投稿ほぼ見ているがたまに「いいね」する
 ↓⑧投稿ほぼ見ているがほぼ「いいね」する
 ↓⑨投稿ほぼ見ているが「リツイート」しない
 ↓⑩投稿ほぼ見ていてたまに「リツイート」する
 ↓⑪投稿ほぼ見ていてほぼ「リツイート」する
【エンゲージが高い】

こんな感じになるイメージが、つくでしょうか。

このように、ある対象に対しての熱量は、現代だとSNSの各アクションなどによってある程度エンゲージの高さを推定することができます。
また、エンゲージが高くなるほどピラミッド型に人数が少なくなります。
これは、NFTコレクションに対する「購入欲」でも同じ構造です。

そのNFTコレクションに対して、

【購入欲が低い】
 ↓①興味がない
 ↓②興味は多少ある
 ↓③興味はかなりある
 ↓④購入したいくらい興味がある
 ↓⑤購入欲あるも購入に悩む
 ↓⑥購入欲あるも事情で購入できない
 ↓⑦購入欲あり購入する
【購入欲が高い】

ここでいう「⑦」が、本当の意味の「需要」です。
いくらTwitterでバズっていたとしても、
「⑦購入欲あり購入する(もしくは⑥購入欲あるも事情で購入できない)」
の人が少ない状態で「供給」を増やしてしまうと、まったく売れない状態へ落ちてしまいます。
そこには、超えてはいけない崖があるのです。
本来、適切に供給すれば価値があったのに、その崖に気がつかず過剰供給してしまい、価値を落としてしまうのです。

多くのNFTコレクションは、「③興味はかなりある」を基準に「需要」を捉えている場合が多いです。
その場合、実際に販売してみると、「思ったよりも全然購入してくれなかった」ということが多く発生しているように見受けられます。
需要を的確に見定めるには、「⑦購入欲あり購入する」の前の段階の数値をチェックすることが必須です。

ナーチャリング

ちなみに、こうしたエンゲージの段階を③から④に持ち上げたりすることを、ナーチャリングといいます。
ナーチャリングの施策の中で強力なのは、「ファン同士のコミュニケーション」です。
作り手から「買って!」と伝えるのは、実はあまりファンの心には届きづらかったりします。

それよりは、同じ立場のほかの購入者がファンに、「買ってホントよかった」と口コミが伝わっていくほうが、その価値が伝わりやすく、エンゲージが高まります。

NFTでコミュニティを形成する際によく使われるDiscordは、単にファン同士のおしゃべりの場だけではなく、ナーチャリングも兼ね備えているコミュニティなのです。


※この記事は、パジ(@paji_a)の発信をもとにかねりん(@kanerinx)が編集して記事化しています。
※この記事の元投稿は、HiDΞで連載中のマガジンです。(JPYCの投げ銭も可能)


コメント
いいね
投げ銭
最新順
人気順
パジ×かねりん 共著
a year ago
コメント
いいね
投げ銭
最新順
人気順
トピック
アプリ

Astar Network

DFINITY / ICP

NFT

DAO

DeFi

L2

メタバース

BCG

仮想通貨 / クリプト

ブロックチェーン別

プロジェクト

目次
Tweet
ログイン