ToC
Tweet
Full Screen
Content
Topics
Users
Projects
Crowdfunding
Wallet
Language
Help Center
Go Offline
HiÐΞOnline

NFTWebXRViewerについて

mekezzo @metaverse theater開発中
6ヶ月前
NFTWebXRViewerについて何のために生まれたかNFT WebXRビューワーのここがすごい!NFTの中に組み込んだ意味将来的な活用方法

こんにちは XR Creatorの mekezzoです。 今回は最近作ったNFTの中身について解説します。

NFTWebXRViewerについて

NFTのmetadataにも組み込まれており、VRの空間をNFTとして記録することができます。

Web Browserで動作し、モバイル、Oculus Quest2等でも動作するIPFS上に挙げられたビューワーです。 モバイルでも動くのでぜひ試してみてください。

EverChanging Phoenix

EverChanging Phoenix OpenSea

何のために生まれたか

せきぐちあいみさんのEver Changing PhoenixというVRアート作品をNFT化するために誕生しました。

既存のNFTでは画像、動画が主流となっていますが
VRアートという特性上やはりXR空間で鑑賞できてこそ価値が発揮できると思っており
VRアートが今後NFTの中で活躍する中でもある種スタンダードな手法を作れたのではないかと思っています。

NFT WebXRビューワーのここがすごい!

ARでも動く

①アプリインストール不要
②VRデバイスのブラウザからも視聴可能
③リアル展示を意図したディスプレイ機能

①,②はなんとなくすごーい。というのは伝わるかと思うのですが ③が個人的にはミソです。

リアル展示などを意識して各サイネージで最適な構図を展示者が設計できるよう
カメラの位置やズームが可能なこと。
VRや他の機能とそれぞれカメラのプロパティなどを設定し機能ごと見せ方を変えています。

NFTの中に組み込んだ意味

NFTの特徴としては歴史を記録する。という側面があります。

アート作品という特性上「その時代の技術でどのように見えるか」も重要になってくるかなと思い NFTのmetadata内に組み込んでいます。 このこと自体は好き嫌いなので特に結論はないかと思いますがわざわざ入れ込んだ理由はコチラとなります。

将来的な活用方法

WebXRビューワーはXR空間をNFT化する事ができます。

これは割と応用が利くと思っていまして
①フィギュア
②VRワールド
③アートに加えて観賞場所も作品として封入
④プログラマブルアートの発展

今は画像や動画をサイネージにバーン!と映すことも多いかと思いますが
NFTの中にビューワーを組みこむことでもう少し踏み込んだ表現ができるようになるかもしれませんね

という事で簡単にご紹介でした!
ではでは~~!!!


Comments
Likes
Tips
Latest
Popular
mekezzo @metaverse theater開発中
6ヶ月前
Comments
Likes
Tips
Latest
Popular