HiÐΞClassic

HiÐΞ(ハイド)創設者のSushiさんとクラハでお話しました

ゆか | WordPress講師👩‍💻
a year ago
HiÐΞ(ハイド)創設者のSushiさんとクラハでお話しましたSushiさんからお話を聞けることになった経緯正直な話…お話しの内容HiÐΞ(ハイド)とは?Web3(Web3.0)とは?HiÐΞ(ハイド)の仕組みHiÐΞ(ハイド)の使いかた最後に

HiÐΞ(ハイド)創設者のSushiさんとクラハでお話しました

2022年1月31日(月)12:00〜音声メディアの「クラブハウス」でHiÐΞ(ハイド)創設者のSushiさんに、HiÐΞ(ハイド)についてのお話を伺いました♪

※Sushiさんには、ここにアップしていいよ〜という許可を頂いたので、お話の内容やSushiさんの印象などを書きたいと思います!

クラブハウスをされている方がいたら、クラブハウスの録音機能でこの時のお話を聞くことができます。

Sushiさんからお話を聞けることになった経緯

まずは、わたしのような普通の主婦が、Sushiさんとお話しできたのかというと…

わたしは、音声メディアのクラブハウスで「主婦のミカタ」というクラブのメンバーです。

その「主婦のミカタ」メンバーの中に、NFT王子と名乗って活動中の方がおります。

NFT王子のTwitter↓↓

(NFTに興味がある方は、良かったらフォローしてください。)

NFT王子が急に、

「これからのブログは【HiÐΞ(ハイド)】だー!」

と言い始めました。

そこで、HiÐΞ(ハイド)というブロックチェーンを使った投げ銭機能付きのブログが熱いという話を知りました。

そして、なんと!NFT王子から、

「創設者のSushiさんにクラハでしゃべってもらえるようにお願いしている」

ということを言われたのです。

そういう経緯で、2022年1月31日にSushiさんから直接「HiÐΞ(ハイド)」についてを聞けることになりました。

正直な話…

最初は、システムを作った創設者さんと聞いて、ものすごく偉そうな感じの方が来るのかな?と思っておりました。

(めっちゃ失礼なこと言ってます。すみません)

ですが、Sushiさんがお話しされた瞬間に、そんなイメージは丸っと消え、めちゃくちゃ親しみやすいことに感動しました!!

※このアイコンは寿司の化身らしいです。w

Sushiさんは、ノリが良くて、説明がわかりやすい素敵な方でした。

お話しの内容

Sushiさんから聞いたお話はこのようになっています。

  1. HiÐΞ(ハイド)とは?
  2. Web3(Web3.0)とは?
  3. HiÐΞ(ハイド)の仕組み
  4. HiÐΞ(ハイド)の使いかた

これらのお話をしていただきました。

話の内容を全て書くと長ったらしくなるので、簡単にまとめます。

HiÐΞ(ハイド)とは?

ブロックチェーンを使った投げ銭ができるブログサービス

※ HiÐΞ(ハイド)を使ってこの記事を書いているので、 HiÐΞ(ハイド)とは?はサクッと終わります。w

詳しくはこちら>https://docs.hide.ac/

Web3(Web3.0)とは?

「Web3(ウェブスリーまたはウェブさん)」とは、「Web3.0」とも呼ばれ、ブロックチェーン技術によって実現されようとしている新しい分散型のインターネット世界のことです。

インターネット通信というのは、今までに大きく時代変化をしてきた流れがあります。 Web1、Web2とあって、今、ちょうど時代がWeb3に変わろうとしている時なのです。

詳しいことは、ここにまとめています。

【2022年注目】Web3(Web3.0)とは?概要や知っておくべき基本的知識

で、Web3がすごいところが、今までWeb2で片寄ってしまった権力を個人に返そうとしているところです。 そうしないと、永遠に誰かの支配下で、情報を握られているなんてことになるんですよね。

もちろん、そんなの嫌ですよね。

という、Web2の問題点からWeb3に変えることで、どんな未来が待っているのかということをSushiさんが分かりやすく話してくれました♪

Sushiさんが話してくださったWeb3のお話は、ほんとに誰でもわかるように砕いて砕いて砕きまくっての内容だったので、今起こっている危険な状況についても理解ができました。

そして、Web3が中央集権の中央にいる方々に歓迎されないというのが、良くわかる話でした。

HiÐΞ(ハイド)の仕組み

HiÐΞ(ハイド)は、 HiÐΞ(ハイド)がWeb2上に用意するサーバーを用意して、そこに自由に記事を投稿するシステムということです。

HiÐΞ(ハイド)は、基本的に、サーバーを準備するだけで、特に個人がどのように使おうと自由みたいな感じらしいです。

ですので、特に検索エンジンを気にしたりとかは必要がなく、好きなように自分の書きたいことを書きたいように書けばいいということです。

どうしてもGoogle検索を意識すると、検索エンジンからの評価が高い記事を書こうとしてしまいます。

だけど、 HiÐΞ(ハイド)を使えば、検索エンジンに依存しなくていいので、自由に想いを乗せて記事を書けOKなんです。

ここが、今までと違ってかなり新しいところです。

そして、わたしのようなGoogle依存にどっぷり浸かっていたブロガーは衝撃すぎる話でした。

  • Google依存しないってどういうこと?
  • どうやって読者から見つけてもらうの?

この時のお話だけは、その場にいたブロガー全員がザワついた瞬間でした。www

HiÐΞ(ハイド)というのは、アメブロとかはてなブログのような無料ブログのイメージを持ってもらうと分かりやすいと思います。

ただ、 HiÐΞ(ハイド)は、アメブロやはてなブログのようなルールはなく、自由に使えるという点が違います。

HiÐΞ(ハイド)という大きなコミュニティの中で、その人自身を評価し合うことができるというだけみたいです。

この話を聞くまでは、もっと複雑で難しいことがあるんだろうなぁなんて思っていましたが、全くそんなことはなかったです。w

HiÐΞ(ハイド)の使いかた

最後は、その場にいるみんなで「実際にHiÐΞ(ハイド)にログインをしてみよう」という話が出て、みんなでHiÐΞ(ハイド)にログインをしました。

ログインをして、その後の使い方などを簡単にSushiさんが説明してくださり、これで全ての話は終了です。

というわけで、クラブハウスでSushiさんにHiÐΞ(ハイド)の使いかたを教えて頂いたので、このようにクラブハウスの内容をまとめて記事にしてみました♪

最後に

実際に、HiÐΞ(ハイド)で記事を書いてみての感想です。 今までがワードプレスというブログツールを使ってばかりだったので、それと比べるとシンプルで使いやすいなぁと思いました。 ただ、エディターがうまく使えない人がいるのかなぁと感じました。

でも、これから進化版の「HiÐΞ(ハイド) Rui」が出るということですし、そちらになるともっと誰でも気軽に使えるのかなぁと思います。

という感じで、今回、長くなってしまいましたが…

クラブハウスで、HiÐΞ(ハイド)創設者のSushiさんから「HiÐΞ(ハイド)について」を聞いた話をまとめてみました。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。


コメント
いいね
投げ銭
最新順
人気順
ゆか | WordPress講師👩‍💻
a year ago
コメント
いいね
投げ銭
最新順
人気順
トピック
アプリ

Astar Network

DFINITY / ICP

NFT

DAO

DeFi

L2

メタバース

BCG

仮想通貨 / クリプト

ブロックチェーン別

プロジェクト

目次
Tweet
ログイン