HiÐΞClassic

🏀プロバスケットボールチームをみんなで買う!?NBA界隈でNFTが熱い🏀

武芸者-𝑩𝑼𝑮𝑬𝑰𝑺𝑯𝑨-<𝑴𝒂𝒓𝒕𝒊𝒂𝒍 𝑨𝒓𝒕𝒊𝒔𝒕>by YU-MA
7 months ago

2021年に75周年を迎えたNBA(National Basketball Association)。

今回は「NBA×NFT」というテーマで、個人的に注目しているプロジェクトを紹介します。

デジタルトレーディングカードプラットフォーム『NBA TOP SHOT』

BA、NFTと聞いてまっさきに思い浮かぶのが「NBA TOP SHOT」ではないでしょうか。

実際の試合中のショートハイライトをブロックチェーン上で購入、販売できるデジタルトレーディングカードプラットフォームです。

例えば、以下のレブロン・ジェームズのカードは、2,270万円程度での取引実績があります。

NBAというファンの多いコンテンツを扱っているのも人気の理由ですが、個人的には他にも以下のようなポイントがあると思っています。

  • デジタルトレーディングカードとしての見せ方
  • パック開封時の見せ方
  • 新作パックの発表の仕方
  • オンライン行列
  • NFTという技術を意識させない見せ方

つまり、UX、所謂”ユーザー体験”がとてもよいのだと思います。

ちなみに、著者は現時点でなんとか6枚ゲットできました。

ステファン・カリー選手のアイコンが「Bored Ape Yacht Club」に

こちらもご存知の方は多いかもしれません。

2021年夏、ゴールデンステイト・ウォリアーズのステファン・カリー(Stephen Curry)選手が「Bored Ape Yacht Club」のNFTを55ETH(約2,000万円)で購入して話題になりました。

また、彼は、仮想通貨取引所「FTX」のグローバル・アンバサダーにもなっています。

※今後、カリー氏の財団「Eat.Learn.Play.」ではFTXとともに慈善活動も行う予定のようです。

日本では、野球の大谷翔平選手がアンバサダーに就任したことがニュースになっていましたね。

▼ステフィン・カリー選手のスーパープレー

収益をすべて慈善団体「Mamba & Mambacita Sports Foundation」に寄付する「The KB24 NFT」

今は亡きコービー・ブライアント選手のレガシーから生まれたNFTプロジェクト「The KB24 NFT」。

すでに世界中から25,000人以上のメンバーがDiscordに集まっており、

コービーへの愛という共通点のもと、前述のTopShotはもちろん、その日のNBAの試合や他のプロリーグなどについて盛り上がっています。

なお、ロードマップは以下のとおり。

  1. A select amount of KB24 NFTs will be airdropped to our supporters, early adopters, community partners, & social media giveaways.
  2. Following our art reveal, we will launch on Rarity.tools & get verified on OpenSea.
  3. 8 special KB24 NFTs will be airdropped to KB24 holders wallets.
  4. Proceeds from the initial mint will be publicly donated to the Mamba & Mambacita Foundation.
  5. A random KB24 holder will be selected to win courtside tickets to a Lakers game of their choice in any city.
  6. Mamba NFTs will be airdropped to all KB24 NFT holders.
  7. Exclusive merch collaborations will be made available only to KB24 NFT holders.
  8. Announcement of IRL & online community events - Lakers game suite giveaways, digital & in person NBA viewing parties, 2K & fantasy gaming nights, & more.
  9. A rare, earnable NFT will be made available to KB24 NFT & Mamba NFT holders.

レイカーズのコートサイド席のチケットプレゼントなどファンにはたまらない計画が記載されています。

▼コービー・ブライアント選手のスーパープレー

ドウェイン・ウェイド氏のNFT

続いては、マイアミ・ヒートのスーパースターだったドウェイン・ウェイド氏が個人で発行しているNFT(https://dwyane-nft.mint.store/market)。

TOP SHOTのように試合中のスーパープレーを切り取ったものではなく、日常を切り取ったアイテムになっています。

近い将来、日本でも芸能人やプロスポーツ選手が自身のNFTを発行することが当たり前になりそうです。

▼ドウェイン・ウェイド選手のスーパープレー

ラメロ・ボール選手の『LaMelo Ball Collectibles』

お次は、あのマイケル・ジョーダン氏がオーナーをつとめるシャーロット・ホーネッツのラメロ・ボール選手のNFTコレクション『LaMelo Ball Collectibles』。

トロフィーのような3Dモデルになっています。

抽選対象の特典には、ラメロ・ボール選手とのグループチャットへの参加権も含まれるなどファンクラブ的な要素もあります。

また、保有するアイテム数に応じて、当選確率が変わるのも特徴です。

▼ラメロ・ボール選手のスーパープレー

NBAチームのオーナーを目指すDAO「The Krause House」

最後に紹介するのは、2021年11月に1,000ETHの資金調達を達成した『Krause House(KH)』。

(資金調達後の数日でTwitterのフォロワーが3,000名ほど増えていました)

KHは、NBAチームを購入することを目標にしたDAOです。

プロジェクトとして1,000ETHを上限に、以下のパターンで任意のチケットが購入できました。

  • 0.10ETH ←著者はこちらを購入しました。
  • 1.00ETH
  • 10.0ETH
  • 0.10ETH

購入すると、チケットがOpenSeaに贈られてきます。

Discordに参加後、順番にスタンプ押下などのアクションを終えていくことで徐々にコミュニティ内部のコンテンツが開放されていきます。

とても夢のあるDAOですが、否定的な意見も多いのが現実。

例えば、「球団価値のもっとも低いメンフィス・グリズリーズでさえ、1400億円(200,000ETH弱)だが、(プロジェクトのハードキャップである)1,000ETHでどうやってチームを買うのか」などです。

※現在、球団価値のもっとも高い球団はニューヨーク・ニックスの5,000億円

とはいえ、Discord内は活発で、NBAの話題はもちろん、「新しくチームをつくるのはどう?」、「優れたマーケッターが必要では?」といったさまざまな意見や提案が出ています。

NBAが好きならコミュニティ自体を楽しめると思います。

誰かが言うように「10年以内にはチームを買える」かもしれません。

ある人が言うように「”憲法”と同じようにうまくいかない」かもしれません。

ただ、個人的には、KHの目標達成如何にかかわらず、このコミュニティの熱やそこでの繋がりに価値があると思うので、引き続き楽しみたいと思います。

以上、現時点で著者が注目している「NBA×NFT」についての各プロジェクトの紹介でした。

※本記事は、過去の執筆記事を改訂、再編集したものです。


コメント
いいね
投げ銭
最新順
人気順
武芸者-𝑩𝑼𝑮𝑬𝑰𝑺𝑯𝑨-<𝑴𝒂𝒓𝒕𝒊𝒂𝒍 𝑨𝒓𝒕𝒊𝒔𝒕>by YU-MA
7 months ago
コメント
いいね
投げ銭
最新順
人気順
トピック
アプリ

Astar Network

DFINITY / ICP

NFT

DAO

DeFi

L2

メタバース

BCG

仮想通貨 / クリプト

ブロックチェーン別

プロジェクト

目次
Tweet
ログイン