富良野も美瑛も美しすぎ!

shum
7日前

登別の記事からだいぶたってしまった。去年の8月の北海道の話の続きです。

登別から札幌へ。さっぽろ羊ヶ丘展望台へ行った。

写真に写ってないけれど、週末的観光客はわりと来ていて、記念撮影など撮っている人たちもいて、楽しい雰囲気だった。

入り口付近に注意書き(時間かかっても怒るんじゃないよ的な)が結構貼ってあって、店主難しい系かなと思ったらそうでもなかったスープカレー屋。

アジアンスープカレー ベスって店だった。

具がたっぷりで美味しかった。

北海道のシーフードメニューは、たまたまかもしれないが、ホタテがいつも大きく感じる。

富良野のラベンダーのシーズンは7月らしく、8月にはラベンダーは終わっていて、代わりに他の花が植えられていた。中国人らしき、ドレスの女性が撮影会してた。

撮影会って言っても、モデルと撮影者の二人だけだが。

富良野では、風で髪の毛吹かれたような形の木をあちこちで見かけたが、風、強いのだろうか。広い平野だから風当りが強いのかな。

これは、泊まったところの庭。整ったお花畑と違う風景もいい。

ここも手入れ入ってるだろうけれど。

空が広いよね~~

ラベンダーファームでお土産買ったり、ソフトクリーム食べた。

ラベンダーとメロン味のミックスにして失敗した。

なぜなら味が混ざってよくわからなくなったから。

とにかく周りずーっと広々とした風景が広がって、この辺りって、どのくらいの広さなのだろうって思った。

こういうの、あるよねー、地元のどなたかの美術館。

ここのレストランが、見晴らしよいようだったのでお昼を食べた。

お客はそこそこ入っていた。

色とりどりの野菜が風景に合ってる。

十勝岳温泉 凌雲閣

露天風呂に行くために、室内の浴槽から渡り歩いて行ったのだが、赤さびのような色で、かなり足元不安というか・・・露天風呂からは雲が流れる空と山が見える。それも、かなり近くに!

虫と一緒に赤さび色のお湯に浸かる。

他で入ったことの無い、珍しいお湯だった。

美瑛町の白ひげの滝。

十勝連峰の伏流水が岩の割れ目から美瑛川に流れ落ちている。落差30メートル。

周辺に宿泊施設もあるようで、観光客多かった。

ガイドブックで目立っている、青い池。木は、立ち枯れのカラマツ。

十勝岳の防災工事の時にたまった水でできた池。ここは混んでたねーーー

コロナも何のその。外国人観光客もいたら、もう写真撮るのも大変なんだろうな、と思った。人の頭よけて写真撮った。

ライトアップもやっているらしいが、サイト見たら、想像以上の幻想的な風景のよう。

1年以上たった今、富良野も美瑛も自分の中でちょっと混ざっているのだが。

美瑛も、見回す方向すべて、果てしなく広がる風景・・・どこまで続いているのだろうという感じだった。

美瑛では、タイムラプス撮影している人いたり、真剣ムードのカメラマンがあちこちにいた。

どこ見ても

絵になる風景ばかりで

いくらでも写真撮れそうな。

なんにもないようだからこそ、地面の起伏や雲の形の美しさも引き立って。

完全に自然にできた風景ではないのだろうけれど、他所にない風景。

日本にこういうところがあるとは、と感嘆する風景の一つ。


Comments
Likes
Tippings
最新順
人気順
shum
7日前
Comments
Likes
Tippings
最新順
人気順
HiÐΞOnline
Tweet
目次
Articles
Magazines
Topics
Users
Projects
Crowdfunding
Wallet
Help
Login
Go Offline