ToC
Tweet
Full Screen
Content
Communities
Users
Projects
Crowdfunding
Wallet
Language
Help Center
Go Offline
HiÐΞOnline

【エアドロップ】Dfinity給付金クエストガイド【Internet Computer】

did:3:kjzl6cwe1jw149y3ho8ezarc0rpt6z3kkdrdol0unw7tveied5ejfyc5kkpunob
2ヶ月前
Dfinity給付金クエストのメリット・デメリットDfinity給付金をもらうためにやっておくべきこと1.プロダクトであそぶ2.SNSアカウントで活動する3.NFTを保有する準備給付金をもらえるかもしれないプロジェクト一覧DSCVRDistriktOpenChatDSocialPortalAikinICMEDmailMeme CakeICPSwapInfinitySwapWaterslideThe IC GalleryICPetsICPunksAIA DiscordCrowd Created CanvasIC CardsNnsDAOおわりに

Dfinity給付金(エアドロップ)ラッシュがきます。 びっぐうぇーぶに乗りましょう。

このガイドの内容です。

  • Dfinity給付金クエストのメリット・デメリット
  • 給付金をもらうためにやっておくべきこと
  • 準備(べんりな3つのツールの設定や導入)
  • 給付金をもらえるかもしれないプロジェクト一覧

Dfinity給付金クエストのメリット・デメリット

結論をさきにいうと、Dfinity給付金クエストはローリスクです。しかしローリターンかもしれません。

最大のメリットは、クエスト参加費が無料か、無料でなくともEthereumよりは安い場合がおおいことでしょう。ただしデメリットというか懸念もあります。経済活動の規模がEthereumのそれよりもちいさいので、Ethereum給付金の額にはおよばない場合がおおいかもしれません。

Dfinity給付金をもらうためにやっておくべきこと

3つにしぼります。

  1. プロダクトであそぶ
  2. SNSアカウントで活動する
  3. NFTを保有する

1.プロダクトであそぶ

プロダクトであそびましょう。むずかしく考えるひつようはありません。投稿する, ゲームをする, 動画をみるといったことです。そして可能であればフィードバックもしましょう

2.SNSアカウントで活動する

以下のSNSアカウントをつくって活動しましょう。耳寄りな話がおちています。とくにDiscord,Twitter,DSCVRは必須といって良いと思っています。

3.NFTを保有する

Internet Computer(以下IC)のNFTは積極的にもらっておきましょう。 というのは特定のNFTの保有者にFTをエアドロップすると発表したプロジェクトがすでに複数あるからです。ICがNFTから発展していることをかんがえると、妥当な条件でしょう。筆者はこのトレンドは続くと予想もとい願望しています。

買うこともできますが、もちろんのことリスクがあります。ご自分の判断でおねがいします。

準備

クエストに出るまえに3つのツール(Internet Identity, Plug wallet, Stoic wallet)の設定や導入をしておきましょう。あとで楽できます。

給付金をもらえるかもしれないプロジェクト一覧

ではクエストに出ましょう。

DSCVR

無料。IC版のRedditです。活動するとたまる「数字」は、いずれFTとして取引できるようになります。また、DSCVRユーザーには時折NFTがエアドロップされており、なかには数十万円で取引されているものもあります。話題になったMotoko Day Dropは、DSCVRユーザーに一部がエアドロップされました。

詳細: https://hide.ac/articles/Wb7ankcYB

Distrikt

無料。IC上のTwitterライクなSNS。エアドロップが実施されると明言されています。

詳細: https://hide.ac/articles/bT6CRRQBN

OpenChat

無料。チャットアプリです。使用感はTelegramやWeChat, LINEのオプチャに似ています。

ちなみに公式アカウントがこのようなツイートしています。

DSocial

無料。YouTubeのようなアプリ。サインアップして、Twitterアカウントを利用してガス的なものを入手すると投稿などができるようになります。

Portal

無料。Twitchのようなアプリです。まだテスト段階でいつでも遊べるわけではありませんが、遊ぶと「数字」がもらえます。

Aikin

たぶん無料だと思います。ブログプラットフォームです。もうじきβ版がローンチされる予定です。

ICME

有料。さいてい1ICP(約5,000円)は必要とおもってください。ICMEはウェブサイトビルダーで、きわめてシンプルで静的なウェブサイトであればつくることができます。

Dmail

無料。デモ版です。名前でメールの送受信ができるのは察しがつくと思いますが、UIに"NFT Market"や"Subscription"という欄があることから、それ以上のものを開発しようという意気込みを感じています。

ちなみにいつ終わるかわかりませんが、げんざいNFTをエアドロップしています。

Meme Cake

さわるだけなら無料。今のところはミームを投稿するプラットフォームです。ICではめずらしく、メールアドレスとパスワードを入力して登録します。

ちょうどエアドロップキャンペーン中で、11月30日までにTelegramのグループにはいったアカウントに50,000ドル相当のFTを山分けするようです。

ICPSwap

無料。デモ版です。Uniswap V3にいろいろな機能を足した系DEXです。POAPやNFTを配布することがあります。

InfinitySwap

無料。デモ版です。こちらもDEX。

Waterslide

テストネットは無料。トークンの発行がうわさされています。LiquityのICにホストされたフロントエンドです。これについてはDfinity communityの記事がわかりやすいです。

The IC Gallery

さわるだけなら無料。しかしさわるだけでエアドロップをもらえるかは不明です。開発チームはMoonwalker保有者へのエアドロップを匂わせています。1−2999番の保有者は特に愛されるそうですが、それらはすべて発行ずみであり、しかもセカンダリーマーケットで購入できないので、執筆時点では入手がむずかしいです。

なお3000番以降のMoonwalker保有者にエアドロップがあるかわかりませんが、執筆時点では3.5ICP(約18,000円)で発行することができます。

ICPets

きほんてきにお金を投じる必要がありますが、運が良ければ無料でNFTを手にいれることができます。そしてFTの発行を視野にいれていますから、もしかするとFTまで転がりこんでくるかもしれません。動物をモチーフにしたNFTのプロジェクトです。

ICPunks

きほんてきにセカンダリーマーケットで買うことになります。執筆時点でのフロアプライスはICPunksが約4ICP(約20,000円)、Infinity Frogsが約0.009ETH(約5,000円)です。

ICPunksとInfinity Frogs(わけあってEthereumで発行されました)保有者にFTおよびNFTがエアドロップされます。11月19日か20日に、Infiniry Frogs保有者にInfiniry Friesというハエがエアドロップされるようですね。

AIA Discord

無料。ICPunksファウンダーのAIA氏の個人的なDiscordです。FTを発行することはないと思いますが、AIA氏がNFTをエアドロップしたり、エアドロップの情報を共有したりしています。

Crowd Created Canvas

有料。といっても数十円程度であそべます。みんなでキャンバスに絵をかいてNFTをつくります。参加すると、運が良ければエアドロップをもらえます。

IC Cards

無料。いちおう課金もできます。ログボで素材をあつめて何かしら加工するという、ストイックな方むけの一点特化型のゲームです。

NnsDAO

キャンペーンに応募するのは無料。すでにFTのエアドロップキャンペーンを始めていますが、こんご違うキャンペーンもするかもしれませんからフォローしておくといいと思います。それとICTxasで遊んでおくといいことがあるかもしれません。

なおHiDeで、公式のものかは分かりませんが、アカウントができていて記事を投稿していました。

おわりに

Dfinityでは新しいおもちゃが次々に産声をあげています。筆者のような新しもの好きにはたまらない環境です。同じような方にこの記事がとどき、刺さってくれればうれしいです。ではでは。


Comments
Likes
Tips
Latest
Popular
did:3:kjzl6cwe1jw149y3ho8ezarc0rpt6z3kkdrdol0unw7tveied5ejfyc5kkpunob
2ヶ月前
Comments
Likes
Tips
Latest
Popular